宮沢りえの夫との離婚理由は不倫?娘の親権は中津ひろゆきに?


 

スポンサーリンク

 

宮沢りえが遂に夫の中津ひろゆき氏と離婚することを発表しましたね、

元々は2012年から離婚協議が行われており、世間を時々騒がせていました。

そして2016年3月18日に離婚を報告、4年間に及ぶ離婚協議でした。

 

そもそもと何故宮沢りえと元夫である中津ひろゆきは離婚するに至ったのか?

その理由を私なりに考えてみました。

そして一人娘の親権は一体どうなってしまうのか?

 

宮沢りえと元夫中津ひろゆきとの離婚理由は不倫が関係か?

 

宮沢りえ 離婚 理由 娘 親権 中津ひろゆき 不倫 夫

 

宮沢りえは長年恋多き女として、様々な著名人と交際。

2009年に元プロサーファーで実業家である中津ひろゆきと結婚し、

その翌月に娘が誕生します。

(できちゃった結婚ですね)

 

しかし前述した通りに2012年から離婚協議に入ってしまいます。

離婚協議に入ってしまった理由として、私はこう考えております。

 

まず公に公開された情報として、価値観の違いであることを話しています。

(すれ違いとも呼ぶ)

確かに中津ひろゆきはハワイで実業家として活動しており、

日本を拠点に女優活動をしている宮沢りえと一緒にいる時間が

必然的に少なくなります。

某女優はスウェーデンを拠点に日本でも仕事をしているので、

大変ではありますが、夫と一緒にいられる時間が長いです。

 

しかし日本を拠点に活動する選択肢を取った宮沢りえは

夫と一緒に居られなくても良いと考えを持つようになります。

(一緒にいられない時間が多いので価値観を共有出来なかったと考える)

 

仮に不倫の可能性も考慮してみましたが、

あくまでも価値観の違いであることを強調していらっしゃるので、

不倫が原因で離婚協議になった確立は非常に低いです。

(もしかしたら元夫は新しく恋人を作ったかもしれないですね。)

 

そして離婚協議が長引いてしまった理由の一つが娘の親権でございます。

4年に及ぶ離婚協議の末に親権はどちらに?

 

娘の親権はどっちに移る?

 

スポンサーリンク

 

タイトルには中津ひろゆきが親権を得るかのような書き方を

してしましましたが、中津ひろゆきに娘の親権が渡される確立は低いでしょう。

娘は今年で小学校に入学します。

幼稚園も成城学園の幼稚園に通っていたということで、

小学校も日本の学校になる上に宮沢りえと一緒にいる期間が長かったので、

ハワイに行くことは無いと思います。

 

それでも1年前は中津ひろゆき自身も日本に渡って

3人で一緒に暮らしていたそうです。

(きっと心の中では一緒にいたかったと思ったのでしょうね。)

それを考えると娘の心境は複雑な物になってしまうのだろうなぁ・・・

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ