『ネタバレ』はいふり1話の感想!鬱ストーリーって本当なの?


 

スポンサーリンク

 

本記事ははいふりの1話の視聴が完了次第更新していきます。

 

はいふり』は『俺、ツインテールになります。』の

プロダクションアイムズが制作しており、

監督が『ガールズ&パンツァー』と同じ人とのことで、

ガルパンファンは皆楽しみにしているのではないでしょうか?

 

しかしはいふりには疑問がいくつか浮かんできております。

その中の一つとして鬱ストーリーであることが予想されておりますが、

一体どういうことなのでしょうか?

※ちょっとした考察をしてみました。

『はいふり』のタイトルの意味と舞台のモデルを考察してみた!

 

はいふりは鬱ストーリーなのか?

 

ネタバレ はいふり 1話 感想 鬱 ストーリー

 

何故はいふりは放送前から

鬱ストーリーであることが予想されているのか?

はいふりのストーリーから考察してみましょう。

 

~はいふりストーリー~

はいふりの舞台設定は100年前にプレートがずれて

国土の大半が水没した日本が舞台です。

水没した日本は海上都市化しており、

海の安全を守る職業に就く女性が増えてきました。

 

その職業の名前は『ブルーマーメイド

ブルーマーメイドと銘打っておりますが、

海上保安官の類かと思います。(海猿的な感じ)

 

横須賀の海洋高校に入学した明乃もえか

ブルーマーメイドを目指していくのであります。

 

ざっくりと説明すると夢を追って頑張っていく少女の学園物ですね。

公式からは『明るく楽しい?日常物』ということが掲載されております。

コレだけ聞くと鬱ストーリー的な要素が全く出てきません。

 

では何故鬱ストーリーと予想されているのか?

注目する点の一つとして『明るく楽しい?日常物』の『?』の部分です。

日常物に見せかけたホラー物の『がっこうぐらし』という作品があったでしょう、

あれは特殊な例でありますが、

100年前のプレートのズレの原因となった怪物と戦う

というストーリーだったらどうします?

 

ブルーマーメイドは女性だけの特殊部隊で

日夜怪物との戦いに明け暮れているとかって設定が来ても

一部の視聴者は驚かないと思いますが、

日常アニメっぽい雰囲気を出してきてガチのバトル物だったら

結構衝撃でございますわよ。

 

二つ目の注目する点は主題歌の歌詞です。

下記は歌詞の一部ですが・・・・

 

 

主題歌の歌詞が真面目すぎる!!!

はいふりのホームページを見ると物凄く緩そうな感じがしますが、

主題歌の歌詞が真面目な内容ってどうなのよ?

これにはミリタリー系アニメファンも不安がっております。

主題歌の歌詞がユルユルだったらここまで不安がられなかったでしょうけど・・

 

以上がはいふりの鬱ストーリー考察でございます。

もう少し何か分かったらこの項目も更新していく所存でございます

 

ネタバレ!はいふり1話の感想!

 

スポンサーリンク

 

※ネタバレしていくので1話を視聴していない方は

ブラウザバックを推奨します!

 

※更新完了

 

本当に海に囲まれている世界が舞台なんですね、

道路標識が何だか新鮮っていうか、交通事情が詳しく知りたいなぁ。

 

ところではいふりは百合アニメか何かですか?

(抱き合う所とかさぁ。)

ガルパンの監督と同じでミリタリー要素が強いとはいえ、

全国の提督が反応しそうな内容ですね。

(元提督並の意見)

 

私がはいふりの世界で一番気になるのは男性の海上系の仕事ですね、

女性がブルーマーメイドだから男性は海猿かなw

 

海に落ちた子と校長ってもしかして親子なのかな?

「宗谷さんが~」の件で何かコンプレックスを抱えているかもしれない。

 

猫どこにでもいるな~w

それよりもキャラが多すぎて名前が覚えられない・・・

その点については徐々に覚えていけばいいか。

 

っていうか学生だけで船動かしてるんだな、

突然の着弾に突然のシリアス展開が始まったけど、

どうなってるんじゃあこりゃぁぁぁ!!!!

 

最後に反乱者扱いされちゃったけど、

もしかしてはいふりはサバイバル物語!?

次回感想:はいふり2話のネタバレと感想!ハイスクール・フリートって・・!

 

次回がとても気になるねぇ・・・

君は生き残ることが出来るのか?的な感じ?

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ