AppBankは計画倒産中?株価低下とStore閉店が原因?


 

スポンサーリンク

 

スマホアプリ事業やマックスむらいの功績によって

成り上がって昨年上々したAppBankですが、

度重なる不祥事が原因で遂には計画倒産をするという

噂まで流れてしまっています。

 

倒産の噂が流れている原因は幾つか存在しているので、

今回はそのことについて書いていきます。

 

AppBankの株価の低下!

 

AppBank 計画倒産 株価 Store 閉店

 

最初にAppBankの株価について書いていきます。

株価について軽く説明すると、株価とは1株の価格の事です。

株価は企業の現在と未来のビジョンを反映させている物で、

それを投資家達は日々見極めているのです。

 

この記事を書いている4月13日の段階でAppBankの株価は1300円台

株価に詳しく無い人はこの金額がどれほどの物なのか分かりにくいのですが、

別の企業の株価を掲載するとその差が分かると思います。

※2016年4月13日現在

・ニトリ:10000円代

・星野リゾート:1300万円代

・大塚家具:1461円

・東芝:200円台

・ワタミ:1000円代

 

株価を見ればどの企業が優良企業なのかが良く分かると思います。

それなりの株価を維持しているニトリは株主から需要があると見られており、

星野リゾートは言うまでも無いですね。

それと反対に経営難の東芝やブラック企業で有名なワタミは株価が低いです。

 

AppBankが上場したての頃は株価が5000円代あったのですが、

現在は1000円代にまで落ち込んでいる辺り

株主からの信用を失ってしまったことが分かりますし、

株主総会でも最近の不祥事に関して根掘り葉掘り聞かれた上に

ユーザーにどのようなやり取りがあったのかを

発表しなかった事も拍車を掛けています。

 

AppBankStore新宿の閉店!

 

そしてAppBankは4月25日をもって

AppBankStore新宿店を閉店して5月上旬に

新宿サブナードに新店舗をオープンする事になっているのですが、

新宿サブナードに新店舗を出すとはいえ、

商品の売れ行きがどうなるかは凄く不安な上に、

AppBankのニコ生の本拠地であるAppBankStore新宿店を

閉店してしまうことによってAppBankの活動が狭くなってしまいます。

 

それどころかドワンゴと提携している

パズドラのニコ生が5月以降ドコで開催されるのかの

発表がされていませんし、内部ではかなりゴタゴタしています。

 

AppBankStore新宿を閉店する理由は共同経営している

ティーガイアとの契約が更新されなかったことも関わっています。

危ない橋を渡りたくないとのことでしょうね・・・

 

AppBankは本当に計画倒産をしてしまうのか?

 

スポンサーリンク

 

そもそもAppBankが窮地に追い込まれた原因は

出していくとキリがないのですが、

AppBankは計画倒産を進めている可能性は非常に高いです。

 

先ほど掲載した株主総会での出来事ですが、

株主総会でAppBankはAppBankStore新宿を閉店することを

報告しなかった上にロックアップを解除しました。

 

※ロックアップ

会社役員・大株主・ベンチャーキャピタルなどの公開前の会社の株主が、その株式が公開された後に一定期間、市場で持株を売却することができないよう公開前に契約を交わす制度のことをいう。

引用:https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ro/lock-up.html

 

つまりAppBankは持ち株を売却する準備にとりかかっている筈。

もしもAppBankが持ち株を全て売却したとしたら

そのまま倒産に持ち込んでしまうという噂が立っています。

 

AppBankJapanツアーまっただ中で計画倒産とは笑えない冗談ですね。

どれだけの人の信頼を奪うことになるのか、

考えただけでも恐ろしい事ですね・・・

 

どちらかと言うと私はAppBankの事をまだ信じている方なので、

マックスむらいの今後の身の振り方が重要になってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ