はいふり9話の感想とネタバレ!


スポンサーリンク

 

はいふり9話の感想とネタバレしていっちゃいますよー。

2クール説あるのか無いのかあやふやだけど、

ストーリーは佳境に進んでいるはず・・・・・・

 

はいふり9話の予告!

 

 

はいふり9話の(仮)サブタイは『猫の底力(仮)』です。

8話のサブタイは『比叡でピンチ』だったから、

9話は『シュペーでピンチ』かな?

 

というか、ミーちゃんが本来所属する艦の艦長である

テアが遂に登場しますね。

はいふり 9話 感想 ネタバレ

 

目の色が赤みを帯びて光っていたので

完全にネズミの攻撃性の思考が感染している状態です。

※ネズミの正体は以下記事で

関連記事:はいふり8話の感想とネタバレ!

 

ようやくはいふり本編にテアが登場しますけど、

改めて見ると背がちっちゃいし真っ平らですね。

 

それと雑誌で公開されたビジュアルと髪の色が違うかも。

(公開されていたビジュアルは薄い金髪だった筈)

 

敵がどんな風に立ちはだかって来るのか見ものですね。

 

はいふり9話のネタバレと感想!

スポンサーリンク

 

※この項目ははいふり9話の内容をネタバレをしています。

感想の更新が完了しました。

 

はいふり9話のサブタイは『ミーナでピンチ』でしたね。

うん、そんなサブタイでくるとは予想外ですよw

 

はいふり9話はシュペーとの戦闘回です。

シュペーは比叡よりも小さい艦ですが、

小さい分小回りは効くし軽巡洋艦でありますので

晴風をいともたやすく仕留めることが可能です。

 

ガチの戦闘回だったから8話の比叡戦よりも白熱した展開でしたね。

突撃部隊に選ばれたマッチと万里小路さんが強すぎワロタw

(万里小路流薙刀術強ぇぇぇ!)

 

はいふり公式サイトでマッチの趣味を確認してみたけど、(天体観測)

マッチの戦闘力高いことを示すようなするようなことは

掲載されていなかったのでビックリ!

 

そしてテアと対峙したミーちゃんはテアの攻撃を受け止めて抱きしめた!

(思っていた以上に身長差がめちゃくちゃありました。)

すかさず美波さんが抗体をぶっ刺した!

 

予告の通りに五十六も大活躍し、

シュペーに潜んでいたネズミを全て捕獲したのであった。

 

無事にシュペーの乗員を救助した晴風一行は

シュペーの乗員達と合同でパーティを始めることに。

 

ミーちゃんにソーセージを「あーん」される

テアが可愛かったっていうかお前らそういう関係かw

 

しかしその一方でミーちゃんとお別れの時間が迫っていることを

いち早く察したココちゃんはウジウジと映画を見ていた。

 

このシーンを見てココちゃんとミーちゃんの二人は

一番仲が良かったことを今認識した私であった。

もう二人での茶番劇を見ることが出来ないと思うと寂しい・・・・

 

最後に別れるシーンでココちゃんが奮起して

駆け寄って昔の映画っぽく分かれの言葉を交わすシーンに

ジーンと来たよ・・・

 

Cパートで晴風は戦闘での損傷が酷くて、

宮と合流するまで待機することになるが、

船を離れて行動して晴風を損傷を見ることしか出来なかった

ミケちゃんの表情は暗かったのであった・・・

 

以上ではいふり9話の感想を終わります。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ