小林麻央の余命3ヶ月~半年説!進行性乳がんのステージは3か?


スポンサーリンク

 

進行性乳がんで世間を騒がせている小林麻央の余命が3ヶ月~半年の間だと噂になっており、

検索エンジン上で乳がんと検索すれば関連キーワードで溢れかえっております。

 

水谷優子の時と違って小林麻央の乳がんの件については

夫の市川海老蔵の影響力の強さが物語っていますし、

1年と8ヶ月もの間、進行性乳がんと戦ってきたことが

公になっていなかったからだと思います。

 

本記事は進行性乳がんの簡単な説明と

小林麻央の余命について独自の解釈で書いていきます

 

進行性乳がんのステージとは?

小林麻央 余命 3ヶ月 半年 進行性乳がん ステージ3

 

進行性乳がんと言うより、

癌全般における基礎知識のような物にステージと言う用語があります。

 

ステージにはステージ0~ステージⅣまで設定されており、

ステージの数値が大きくなるほど、がんの進行が進んでいる状態になります。

(正確にステージⅡはabの2段階、ステージⅢはabcの3段階に細分化されている)

どうやってステージを判別するのかと言うと、

がんの広がり方、リンパ節へや臓器に転移しているかで判別します。

 

ステージ0 がん細胞が留まっている
ステージⅠ(生存率98%) がん細胞による腫瘍が2cm程になる
ステージⅡa(生存91%) がん細胞が広がり始める
ステージⅡb  
ステージⅢa(生存率67%) がん細胞が5cm程になり、リンパ節転移をし始める
ステージⅢb  
ステージⅢc  
ステージⅣ(生存率31)% 他の臓器や骨等の主要器官に転移する。

 

細かく書いてしまうと訳が分からなくなるので、

大雑把に進行性乳がんについての状況を説明させていただきました。

ちなみに生存率というのは、がんになってから5年以内に生存している確率です。

ステージⅡの段階までなら生存率が高いですが、

ステージⅢになってしまうと7割を切ってしまうので非常に危ないです。

 

ステージⅣになるとご覧の通り手術をしても

他の臓器に転移してしまう確率が高くなって生存率が3割り程度になってしまいます。

 

市川海老蔵の会見によれば、

小林麻央は入院ではなく通院をしております。

ということは小林麻央のがんのステージは3かもしれません!

 

小林麻央のステージは3の可能性が!

スポンサーリンク

 

小林麻央が現在通院状態で手術を受けるために抗癌剤治療に取り掛かっている段階であります。

しかし1年8ヶ月もの間手術を受けられなかったので、

がん細胞が他の臓器に転移しかけるステージⅢc(以下ステージ3表記)かもしれません。

 

前述したようにステージ3になると生存率が7割を切ります。

それも細分化しての3段階で構成されているから

生存率がもっと低くなっている可能性だってあります。

 

もしかしたら小林麻央が入院でなく通院状態になっているのは、

(市川海老蔵の報告通り)小林麻央は若く、

がんの進行が早すぎて抗癌剤治療では延命措置にしかなっていないかもしれないのです。

きっと小林麻央は家族と残された時間を過ごす為に通院を選んだのでしょう・・・

(それに事態が深刻そうでステージをハッキリと申さない辺りほぼ確定)

 

小林麻央の余命は3ヶ月~半年説が噂される!

 

小林麻央のがんの進行度がステージ3説で出てきている以上、

余命は3ヶ月~半年だと噂されても何も不思議な事ではありません。

 

それに市川海老蔵が休みを取って出かけたいと話していた辺り、

(それとカメラで追わないでほしいと伝えた事も)

本当に小林麻央の余命が3ヶ月~半年なのかもしれないです。

 

市川海老蔵が子供に虫刺されだと嘘を伝えた事も辛すぎる・・・

もう本当に最後の思い出作りの準備に入っているんですよ・・・

 

もしかしたら奇跡が起こって3ヶ月ドコロかもっと長く生きる事もあり得ます。

がんってのは不安定要素が強い病期なので、

抗癌剤治療をした結果手術に取り掛かった時にがん細胞が消えていた事案もあります。

 

私達に出来ることは、奇跡が起こることを祈るのみです。

 

しかし今これだけ騒がれているにも関わらず、

いつか忘れ去られてしまう事を考えると怖いです。

(北斗晶の時だって忘れられていますし)

 

女性の皆さんは若い人でも油断せずに定期的に検診を受けましょう。

がんというのは遺伝子の病期なので、家系にも影響しますからね・・・

心当たりがあったらがんになってないかを病院でチェックしてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ