ドラゴンボール超:ゴクウブラックの強さと正体=悟天説の理由!


スポンサーリンク

 

ドラゴンボール超の未来トランクス編の敵であるゴクウブラックについて考察です。

(これで3回目ですね。)

本記事のゴクウブラックに関するテーマですが、

ゴクウブラックの強さゴクウブラックの正体は悟天説についてお送り致します。

 

まだまだゴクウブラックは謎の存在ですからね。

皆さんはゴクウブラックの強さは当然気になる所ですが、

ゴクウブラックの正体の中で悟天説については本当に意味分からないと思います。

(ターレス、別の宇宙の悟空、ツフル人、隠された人造人間等色々と・・・・)

 

あくまでも考察なので、外れていても怒らないで下さい(笑)

単なる暇つぶしだと思ってお気楽にお読み下さい。

それではゴクウブラックについての3回目の考察を始めまーす。

 

ドラゴンボール超:ゴクウブラックの強さは?

ゴクウブラック 強さ 正体 悟天 ドラゴンボール超

 

ゴクウブラックの強さですが、

ドラゴンボール超47話をご視聴された方ならお分かりかと思いますが、

世界を荒廃させた人造人間を倒して地球の救世主となった

トランクスでさえも気を消して隠れなければならない程の強さを持っています。

 

ドラゴンボール超の公式サイトで鳥山明先生のメッセージに

未来トランクス編は界王神、全王、宇宙を巻き込む壮大なストーリー

展開される事を示唆させられるようなメッセージを残しております。

 

鳥山明先生のメッセージから察するに、

ゴクウブラックの強さはスーパーサイヤ人ブルーになれる

悟空やベジータですら倒すことが難しい強さを持っています。

(ドラゴンボールにはよくある話)

 

トランクスは本当に可哀想な男である

スポンサーリンク

可哀想なことにトランクスの最終的な強さは

セル編で止まっているかそれよりも弱くなっていると考えた方がいいでしょう。

過去に行こうとしたセルを倒した段階で地球には平和が訪れます。

その段階でトランクスは修行をしなかった可能性があります。

(復興活動をしていたと考えよう)

 

しかし数年後にゴクウブラックが襲来して

トランクスの世界をメチャクチャにしてしまいました。

更にトランクスが可哀想な要素として

セルを倒してから数年後にゴクウブラックが襲来したことです。

 

悟空達がゴクウブラックと戦うまでの時間を考慮すると、

悟空の時代(ドラゴンボールの正史)換算ではセルを倒してから11~12年後の出来事です。

仮にトランクスが修行を怠らなかったとしても、

既にトランクスとゴクウブラックの強さには何十倍もの差があるということです。

修行していたとしてもトランクスの強さはブウ編のベジータ以下かもしません。

 

ドラクエⅣで例えるならバルザックを倒した直後にデスピサロに挑むような事だと思います。

(例えが適切がどうかともかくとして、間をすっ飛ばしちゃってる)

 

結論としてゴクウブラックの強さ=スーパーサイヤ人ブルーレベルだと考えてもいいでしょう。

 

ゴクウブラック=悟天説が出てくる理由について!

 

ネット上でゴクウブラックに関する考察ネタは色々とおりますが、

その中でゴクウブラック=悟天説という物を見かけました。

 

普通に考えれば悟天がゴクウブラックなんてあり得ない話でございます。

未来トランクスの時代には悟天は生まれていませんからね。

悟天はトランクスが悟空に心臓病の薬を渡し、

悟空が生き延びたからこそ誕生した人物ですから。

 

ではなぜゴクウブラック=悟天説が浮上するのか?

それはドラゴンボールヒーローズで孫悟天・ゼノというキャラクターがいるので、

パラレルワールドからやって来た悟天という説が浮上したと考えています。

それと悟天は悟空と瓜二つの容姿をしているからですね。

(ただし孫悟天・ゼノの髪型は最終回とGTの物)

 

ゴクウブラック=悟天説について少し考えてみましたが、

個人的にはゴクウブラック=悟天説に関してはNoと言いたいですね。

どちらかと言うとゴクウブラック=ターレス説の方が信憑性が高いと思います。

 

私は『誰々がゴクウブラックの正体』に優先順位を付けるとしたら

別の宇宙の悟空>ターレス>ツフル人>隠された人造人間>悟天

といった具合に優先順位を付けます。

 

少し味気ない〆をしてしまいましたが、

まだドラゴンボール超未来トランクス編は始まったばかりなので、

これから正体が徐々に分かっていきます。

ドラゴンボール超はまだまだ考察ネタが広がっていくのでこれからもよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ