2016年版:帰省土産(お菓子以外)東京・横浜・大阪編!


スポンサーリンク

夏休みが始まって色々な場所に出かける機会が増えますね。

まぁ社会人は普通にお仕事をされている方が大半ですが・・・・

 

しかしお盆になれば休みになる方が増えるでしょう。

お盆になったら大概の方は故郷に帰省されますね。

 

そこで本記事では帰省される方の為にオススメのお土産を紹介していきます。

尚、この記事は東京、横浜、大阪のお菓子以外のお土産の紹介になっていきますので、

お菓子系のお土産や他の県にお住まいの方向けの記事は別の記事として書かせて頂きます。

 

2016年版:お菓子以外のオススメ帰省土産東京編!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【THE COFFEE HOUSE LIQUID】すみだ珈琲 コーヒ アイスコー…
価格:1620円(税込、送料別) (2016/7/26時点)

~すみだ珈琲アイスコーヒーリキッド~

名店すみだ珈琲のアイスコーヒーの原液です。

牛乳と1:1で割って飲めば名店の味がそのまんまお家で楽しめる!!

帰省先の両親や義理の両親がコーヒー好きであれば購入しては如何でしょうか?

 

~国技館焼き鳥~

両国名物の焼き鳥です。

相撲マニアからすれば両国国技館で相撲観戦する時にはほぼ必需品であります。

しかもこの焼き鳥冷めても美味しいのが特徴。

テレビで相撲観戦は勿論、レジャー施設で持っていくお弁当にも使えます。

 

~俺のカレー4種7個セット~

かの有名な立食スタイルのレストラン俺のシリーズの

フレンチシェフ考案のレシピを元に作られたレトルトカレー。

俺のフレンチでもサラサラカレーが有名なので紹介する意味でお土産にしては如何?

 

2016年版:お菓子以外のオススメ帰省土産横浜編!

 

~崎陽軒のシュウマイ90個入り~

横浜名物崎陽軒のシュウマイ。

90個入りをオススメするのは、帰省先で親戚が多く集まることを想定しているからです。

何度も食べましたけど、スッゲーおいしいから食べたことが無ければ是非お試しあれ!

 

~耀盛號のマーライコー~

中華版カステラのマーライコーです。

ふわふわでシットリとして美味しいですよ。

横浜中華街ではそれなりに名が知られています。

 

~翡翠蘭ギフトセット~

聘珍樓の6種類の飲茶の詰め合わせです。

帰省先で親戚が集まった時に豪勢なパーティができます。

 

~聘珍樓肉まん詰め合わせ

聘珍樓の肉まんの詰め合わせ。

名店の肉まんだけあってお土産にもっていけば喜ばれる事間違いない!

 

~横浜炭物語 プードル~

炭で作られたプードルの置物ですが、タダの炭製の置物と侮るなかれ!

炭製なのでお部屋の消臭効果や除湿効果があります。

インテリアとして良し!機能も良しの一石二鳥なので喜ばれますよ。

他にも龍、猫、熊といった他の動物モチーフの置物もあります。

 

~炭火焼きチャーシュウセット~

聘珍樓の炭火焼きのチャーシューです。

口に入れた瞬間ふわっと炭の香りが漂ってき、旨味が溢れます。

おつまみには最高の一品です。

 

~葉山牛カレー~

横浜じゃなくて横須賀であるが、神奈川県繋がりのお土産。

ご当地カレーの中ではぶっちぎりナンバー1である。

 

2016年版:お菓子以外のオススメ帰省土産大阪編!

~お好み焼きせんべえ~

大阪の定番土産ナンバー1でお馴染みのお好み焼きせんべえです。

キャベツ味とマヨネーズ味が15枚ずつ入っております。

 

~いか焼き15枚セット保冷バッグ付き~

大阪名物いか焼きが保冷バッグに入っているセットです。

いか焼きを食べる機会ってそうそう無いと思うので、珍しがられるでしょう。

~泉だこおかき~

泉だこを使って作られたおかき。

マヨネーズ味になっており、タコの風味と相まってたまらない味わいです。

 

~射手座さんちの泉州玉ねぎドレッシング200ml~

みずみずしい泉州玉ねぎを使ったドレッシング。

最大の特徴はドレッシングの油は米ぬかから抽出したこめ油なので、

とってもヘルシーで味わい深いドレッシングです。

帰省先では珍しがられること間違いなしです。

 

お菓子以外のお土産は以上になります

以上で東京・横浜・大阪の帰省土産の紹介を終わります。

他の記事で、東京・横浜・大阪のお菓子系や他の県のお土産を紹介していきますので、

そちらもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ