ドラゴンボール超54話の感想とネタバレ!トランクスの決意!


スポンサーリンク

本記事はドラゴンボール超54話の感想とネタバレをする記事です。

 

前回悟空、ビルス、ウイスの3人はゴクウブラックの正体を確かめるべく、

第10宇宙に向かい、悟空は界王神見習いのザマスと戦ったのであった。

前回:ドラゴンボール超53話感想とネタバレ!ザマスと第10宇宙!

 

これ絶対に悟空とザマスが関わってはいけなかったのだと思いました。

悟空と戦って悟空の強さに憧れるのではなく、

人間に更なる憎悪を滾らせるってのが予想外でしたね。

それでもゴクウブラックが悟空の姿をしているのかは謎のままでしたけど・・・

今後憎悪を増大させて悪の気が大きくなった時にゴクウブラックと同じ気になるのかな?

 

未来トランクスの決意!

ドラゴンボール超 54話 感想 未来トランクス ネタバレ

ドラゴンボール超54話は、未来トランクスとベジータが手合わせをするようですね。

構図的にはムキンクスことスーパーサイヤ人第3段階トランクス(2の状態で?)

スーパーサイヤ人ブルーベジータとなります。

 

またまた未来トランクスが見たこともない物を見て驚く顔になるのでしょうね。

しかしベジータとの手合わせてでトランクスはどんな決意を固めるのでしょうか?

 

未来トランクスが決意を固めるのは別に構わないのですが、

ドラゴンボール超54話の脚本がキングリュウなのが不安・・・

 

別にキングリュウが悪いとかそういうのではなく、

人には適材適所というのがあって、キングリュウは日常シナリオだと映えるですよ。

なのでシリアス系の未来トランクス編でキングリュウが脚本に関わることで

一部のドラゴンボールファンがお怒りになるみたいなのです。

(ベジータがギャグキャラにされるとか)

 

流石に未来トランクス編は内容からして

ベジータのキャラ崩壊ギャグをやるのは無さそうですけど、

どうなってしまうのでしょうね?

 

未来トランクスが自らの手でゴクウブラックを倒す事を誓うのかな?

でも未来トランクスにはそんな力は無いですし・・

流れ的にベジータに修行をしてもらう感じになりそうですけどね。

 

それとザマスがゴワスと共に時の指輪を使って

未来の世界を見に行くという展開が繰り広げられるのですが、

きっとザマスがますます人間を憎んでしまいそうな気がします。

ドラゴンボール超54話のストーリーネタバレ!

スポンサーリンク

※ドラゴンボール超54話のストーリーをネタバレするのでご注意を!

 

トランクスはゴクウブラックとの戦いをイメージトレーニングする。

しかしゴクウブラックに勝てるビジョンが見えない。

 

そんな中、悟空達が帰還する。

何故か悟空とビルスが着地に失敗し、地面に大きな穴が空いていると思ったらウイスが故意にやったらしい。

前回のラストの言い合いがヒートアップして鬱陶しがっていたのかも。

 

悟空達は未来トランクスにザマスの事を報告し、ビルスとウイスは帰っていった。

トランクスは話を聞きながら悟空が神の力を持っていることを考えた。

(スーパーサイヤ人ブルーの事をこの段階では知らないからね)

 

トランクスはあまりの差に少し気落ちしていたが、

ベジータはそれに気がついてトランクスを呼び出した。

 

一方第10宇宙の界王神界では、

ゴワスはザマスが入れたお茶に雑味があると指摘した。

 

ザマスは相変わらず人間に不信感を抱いているので、

ゴワスが1000年後の未来の世界を見に行くことを提案する。

 

ゴワスは時の指輪を出した時に意味深な発言をする。

どうやら時の指輪は元々1つであったが、4回歴史が変わった事で増えてしまった模様。

 

ザマスとゴワスは人類が誕生したばかりの星に赴き、

その星の1000年後の世界を見に行くが、相変わらず暴力的な部分が変わっておらず、

ザマスは人間を排除しようと誓う模様である。

 

一方地球では、ベジータが未来トランクスをテストするために手合わせを始める。

ここで未来トランクスはスーパーサイヤ人ブルーを知ることになる。

 

そこで未来トランクスは何故かムキンクスに変身する。

ベジータはムキンクス形態に対して愚鈍だと怒るが、ムキンクスはベジータを油断させる為の作戦だった。

 

ムキンクスで誘う作戦は成功したものの、未来トランクスの力ではベジータには及ばない。

未来トランクスはあっという間に吹き飛ばされてしまうが、

スーパーサイヤ人ブルーの力を持った悟空とベジータなら

ゴクウブラックを倒してくれると安心して笑みを浮かべるが、ここでベジータの説教が始まる。

 

ベジータは未来トランクスに先の事を見据えてゆくゆくは宇宙一を目指せと叱咤激励する。

 

そこでトランクスは不意をついてベジータに頭突きをかまして合格を貰った。

 

そして帰還したビルスとウイスに場面が映り、ウイスの杖に誰かからの連絡が入る。

その相手は全宇宙のトップである全王であった。

全王は悟空に会いたいと言ってきた・・・・

 

To be  Continued・・・

ドラゴンボール超54話の感想!

Aパート感想:

54話でゴクウブラックがポタラを付けていた理由が何となく分かりましたね。

まさか時の指輪を使って1000年後の世界を見に行く時にゴワスから貸して貰ったのか・・

それにしてもいつの間にか時の指輪が増えているのか、

それってセル編のことかぁぁーーー!!

もしかしたら未来トランクス編が終わったらまた時の指輪が増えていたりして・・

いつになったらザマスはゴクウブラックになるための行動をとるのやら?

 

Bパート感想:

未来トランクスがスーパーサイヤ人ブルーの事を知って

「もう俺いらないんじゃない」状態だったのも無理ないですね。

そんな様子を見かねてベジータが修行を付けたのは英断ですね。

 

しっかしベジータがスーパーサイヤ人3の話を触れられても全く動じませんでしたね。

ちょっと前までのベジータならツッコんでいる所でしたけど、

スーパーサイヤ人ブルーに変身できるから関係無かったね。

一発食らわせたら合格って・・ブウ篇の現代トランクスへの遊園地の件思い出した。

 

まさかムキンクスをフェイントに使うとは視聴者の予想外の展開でしたね。

ベジータには30点って言われちゃいましたけど・・・

 

しかしベジータの説教はかなり効きますね。

ブラックに気を取られずに先の事を考え続けろと言ったのは染みます。

本当にいい父親、いい師匠になったな・・・

 

未来にはまともに戦えるのはトランクスしかいない。

しかし悟空やベジータがブラックを倒しても次にまた同じような敵が来たらという

ドラゴンボールお約束に対応できなかったら今度こそ終わりだと。

 

そして全王がビルスに連絡する時に思ったけど、

もうビルスは完全にギャグキャラですね。

 

取り敢えず脚本家関係で心配していましたが、

ドラゴンボール超54話はかなりまともなお話でありました。

(問題はEDなんだよなぁ・・)

 

以上でドラゴンボール超54話感想を終わります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ