復活のF未来トランクス特別編の感想!


スポンサーリンク

2016年8月27日の21時から、

『劇場版ドラゴンボールZ 復活のF』の初の地上波放送が行われます。

ただ劇場版復活のFだけが放送されるのではなく、

未来トランクス特別編なるものが放送されます。

(それと未公開シーンも追加されるとのこと)

 

私は復活のFを劇場公開時にリアルタイム視聴してきたわけですが、

未来トランクス特別編が非常に気になるので、未来トランクス特別編の感想を書いていくのだぁ!]

※復活のFの感想は書かずに別のことを書いていきます。

復活のFのツッコミどころ

復活のF 未来トランクス 特別編 感想

この記事を読んでいる方の大半は復活のFの劇場で視聴した人が多いと思うのですよ。

なのでここで復活のFに関するツッコミを入れさせていただきます。

 

・フリーザが鍛えれば基礎戦闘力が130万になるのはいいが、

 強さが神の領域に達するのには違和感。

フリーザは復活後にトレーニングをしたことがないと発言。

マジメに4ヶ月鍛えた結果、神の領域に到達した悟空やベジータに匹敵する強さを身につける。

才能の一言で片付ければ済む問題だが、スケールが大きすぎた。

(スーパーサイヤ人ゴッドの存在が無ければ全く問題はなかった)

 

・悟飯の恐ろしい程の弱体化

悟飯は学者になるために勉強漬けの生活を送っており、道着を無くしていた。

(超の破壊神シャンパ編では、悟飯がいない所で悟空が「アイツはダメだぁ~」とディスられる)

その上アルティメット化することができなくなっている。

 

一番の問題点はスーパーサイヤ人になった状態で、

フリーザ1形態(戦闘力130万)の攻撃を1発受けて虫の息になる。

そこまで弱くなるのかと思ってしまった。

 

・ピッコロも弱体化

悟飯の師匠であるピッコロはサイヤ人達に実力は劣るものの、

毎日修行を怠らない生活をしています。

しかし新生フリーザ軍のエリート兵士シサミに苦戦する。

 

いくら名前無しのモブキャラより強い敵キャラとはいえ、

普段修行しているピッコロさんが負けるのはあり得なかった。

 

・亀仙人が強いのか、フリーザ軍一般兵士が弱いのかが分からない

復活のFの最初の見せ場は、地球チーム6人VSフリーザ軍兵士1000人の戦いですが、

地球チームの中には何故か亀仙人がいて、ヤムチャと餃子がいません。

(天さんはなんで亀仙人よりも遥かに強い彼らを置いていったの?)

 

亀仙人がかめはめ波でフリーザ軍兵士を一掃するのですが、

亀仙人の最大戦闘力は高く見積もっても600未満です。

(基礎戦闘力が200ちょっと)

 

鳥山明先生のコメントによれば、元々本気出せば強かったと書いてあったが、

だったらピッコロ大魔王は倒せたよね?って思ってしまった。

 

鳥山明先生が忘れている可能性が高いので、

私はフリーザ軍兵士が滅茶苦茶弱いと思うことにしたのである。

 

復活のFのツッコミどころはこんな感じですが、

頭の中空っぽにして視聴すれば凄く面白いですよ。

ベジータがフリーザを追い詰めるシーンは色々と感慨深かった。

(製作当初はベジータが主役の内容だったはず)

未来トランクス特別編の感想!

 

ドラゴンボールZの未来トランクス登場シーンのリメイクだけじゃなく、

フリーザ編のリメイクまでやってくれるとはなぁ。

 

とはいえ未来トランクス特別編っていうからどんなのか期待していたけど、

短かったね、しかもゴクウブラックが登場しちゃっているし、

完全にドラゴンボール超の未来トランクス編の宣伝でしたね。

 

未来トランクス特別編は、

ドラゴンボール超を視聴していない勢に向けての宣伝の目的が強かったですね。

この続きはドラゴンボール超47話から視聴をしましょう。

 

まともな感想言ってないけど、

復活のF未来トランクス特別編の感想を終わります。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ