イタリア地震で日本人は無事か?旅行の影響と被害額について!


スポンサーリンク

2016年8月24日日本時間の午前にイタリアでM6.2の地震発生してしまいました。

地震による被害は甚大で街の半分が壊滅したとのことですが、

そりゃあそうですよね、何せイタリアというかヨーロッパは全般的に地震の対策をしていないので、

耐震構造のある家は少数だと思います。

日本のように地震大国ではないので、日本よりも被害が大きくなのは当然ですね。

しかしイタリアの街の写真を見ると本当に酷いと思います。

特にヨーロッパでは景観を重視していることと、地震が発生しないということで、建物が地震に弱いのです。

特に被害が大きいのはアマトリーチェでして、ローマ時代の建物が一部残っています。

当然歴史ある建物が倒壊しているということで歴史的な意味でヤバイです。

歴史的遺産という意味では被害額が凄く気になってきます。

被害額もそうですが、イタリアを旅行している日本人は無事なのか?

そしてこれからイタリアに旅行に行く予定の人はどのような影響を受けるのか?

イタリア地震について思ったことを書いていきます。

イタリア地震で日本人は無事なのか?

イタリア地震 日本人 旅行 被害額

イタリア地震でまず思ったことは、イタリア地震にいる日本人のことです。

勿論イタリアに在住しているのと、イタリアに旅行に来ている日本人の事であります。

8月24日15時45分現在は、

イタリアにいる日本人の安否に関する情報は出てきていません。

そこそこ時間が経過しているのに、

イタリアにいる日本人に関する情報が出てこないのは非常に心配です。

取り敢えず続報を待ちましょう。

 

イタリア旅行への影響

スポンサーリンク

イタリア地震の影響は当然旅行者たちにも出てきます。

これからイタリアに旅行をしようと考えている人や、

日本に帰国する人達にはどれほどの影響が出ているのかと言いますと、

M6.2という大きさの地震でありますが、空路にはそこまで影響が出ていない感じです。

実際にはローマの国際空港は現段階では通常運行。

被災地から国際空港は200km離れているので空路は問題無いのです。

ただ陸路は当然のごとく最悪な状態になっています。

渋滞中は勿論のこと、被災地から市街地までの寸断されているのです。

要するにこれからイタリアに旅行する時は、

国際空港周辺であればそこまで不便ではありませんが、

被災地付近の旅行者にとっては帰ろうにも帰りにくい状態です。

 

イタリア地震による被害額は?

今回のイタリア地震による被害額ですが、

2012年に起きた時は252億円相当に登ったのです。

(チーズ産業の被害が大半を占めている)

2016年のイタリア地震では、チーズ等産業に関わる被害額がまだ出ていません。

というか2012年にも地震があったから、流石に工場とかは耐震構造にしているのか?

だがイタリアは地震があってもスタイルを変えていないからどうなんだろう?

ただ街が半分倒壊し、古代ローマ時代の建築に被害が出ている以上は、

少なく見積もっても50億円は下らないのではないでしょうか?

これで2012年の地震の時のように主要産業の被害が大きかったら

もっと被害額は跳ね上がります。

今のところ分かる範囲でイタリア地震に関することを書きました。

今後何か情報が入ってきたら更新する予定です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ