鉄血のオルフェンズ2期:1話(26話)の感想とネタバレ!


スポンサーリンク

機動戦士ガンダムオルフェンズ2期の放送が始まりました!

1期の頃からメチャクチャで泥臭くて無骨な作風で話題を集めたということで、

1期はリアルタイムで視聴はしていませんでしたので、1期を全話見てきました。

当時話題になっただけあって思っていた以上に容赦なかったですね・・・

 

しかしながらオルフェンズ1期は急ピッチで視聴してきたので、

キャラクターの名前と顔が一部だけ一致しておりません。

と言っても印象に残ったキャラが多数いるので全体的に覚えやすかった印象であります。

 

アトラとクーデリアのそれぞれの属性が際立っていてヒロインしていたなって、

外見的にはクーデリアが好みですが、性格や気質はアトラの方が好みです。

(背が低いのにオカン気質って反則じゃね?某ダメ人間製造機みたいにね。)

 

しかしヒロインの可愛さに見とれつつも、

メインは野郎共の泥臭い戦いと生き様を目に焼き付けることが重要だった。

 

ミカの容赦の無さ、オルガのボスとして相棒としての葛藤、

故:ビスケットの外見に似合わないイケメンっぷり、

昭弘のガチムチと生きる意思の強さが垣間見えるのが素敵。

(本当の意味でガチムチなのはビスケットなんだけどツッコまないでおこう)

 

オルフェンズはこんなにも素敵な神アニメだったのに

1期をリアルタイム視聴をしなかった私は非常に愚かであった!!

取り敢えずアトラちゃんの作った弁当が食べたいと思う私であった。

(というかオルフェンズは全体的に食事のシーンが素敵)

 

1期のラストで思ったこと!

鉄血のオルフェンズ 2期 1話 26話 感想 ネタバレ

1期のラストでミカは阿頼耶識システムの力を最大限に引き出した代償として、

右目が盲目、右手が動かなくなってしまいました。

まさに悪魔の力を得た代償を表現していることを物語っていました。

(バルバトスは悪魔の名前)

 

幸い(?)にもガンダムバルバトスに搭乗している時にだけ、

右手が動いて右目が見えるようになります。

 

この時にミカは戦いの中にしか生きられないんだなって思いましたよ。

と言ってもミカの将来の夢は農家になることですからね、

戦いが終わって平和な世の中になっても身体がまともに動かせないんじゃ

色々と難しいかもしれないですよね。

 

ガンダムTVシリーズで障害持ち主人公って初めてな気がする。

まぁミカ本人はガンダムバルバトスに乗ったら大丈夫だということで

気にしていないけど、普通だったら気にするよなぁ・・・

 

鉄血のオルフェンズ2期1話(26話)のネタバレ含む感想!

スポンサーリンク

1期で鉄華団の活躍によって火星圏の生活が安定し、

鉄華団の社会的地位が向上したものの、

ギャラルホルンの崩壊によって世界中の治安が悪くなってしまった。

特にモビルスーツの軍需や、少年兵の増加とヒューマンデブリが増加する結果になってしまった。

 

鉄華団の活躍で宇宙中が混乱って何か嫌な時代なだな・・・

まぁギャラルホルンの腐敗を突き止めて腐敗した部分を世間に広めた功績は

デカイけどその代償が大きすぎるっていうか、

そうでもしなかったら色々と変わらなかったから複雑な気持ち・・・

 

見た感じ火星圏しか平和になっていないけど、まぁ仕方ないよね。

平和に見えるっていうか現状では火星が経済的に少し豊かになって

社会的弱者の施しができるようになっただけか。

(それでも治安は不安定だけど)

 

だからビスケットの妹達は学校に行くことが出来るようになったし、

ミカよりも難しい本が読めるようになったわけだ。

それにしてもビスケットの妹達可愛くなったな、それだけでなくミカと背丈が同じになったかな?

 

ビスケットの妹だけでなく、アトラも背が伸びたね。

まぁ体型は変わっていないけど、アトラは低身長幼馴染という属性があるから問題ない!

 

だけどまぁミカの背丈が変わっていないのがショックですよね、

アレ絶対に阿頼耶識システムの副作用ですわ。

 

逆にクーデリアが随分と大人びた感じになりましたね。

オルフェンズ1期から推定1~2年しか経っていないけど

鉄華団と行動を共にしたことと社長業で貫禄が付いているね。

それでも1期のあどけない感じも好きだったよ!

 

 

んでもってライバルポジションのチョコレートことマクギリスは友人がいない宣言しちゃったよ。

ガエリオ登場フラグが立っているけど、もしも登場したら

マクギリスとどんな感じになるのかそのドロドロ部分も楽しみ!

 

んでもって戦闘シーンになったけど相変わらず泥臭い。

流星隊って名乗っちゃってるのがウケルw

 

新人達がビビっちゃってるけど、普通はモビルワーカーでモビルスーツと戦うのは無謀だな。

改めて鉄華団の初期メンバー達の状況が狂っていたかがよく分かる件について、

鉄華団にある程度の常識を求めたらいかんね。

 

そして最後にミカがガンダムバルバトスルプスに乗って登場!

OP曲をバックにバッサバッサと薙ぎ払っていくのはカッコいい!!

戦闘シーンが短かったのが残念だったが、

戦闘以外で魅せていくのがオルフェンズの魅力だと割り切っております。

 

以上で鉄血のオルフェンズ2期1話(26話)のネタバレ含む感想を終わります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ