ジャンフェス2017で鳥山明原案のドラゴンボール超新章を発表


スポンサーリンク

先日ドラゴンボールヒーローズ6周年のイベントが開催され、

悟空役の野沢雅子、ベジータ役の堀川りょうがゲスト出演しました。

 

本題に入る前に思ったのですが、

ドラゴンボールヒーローズって6年も続いていたのね。

てっきり2~3年位だと思っていたので、ちょいとビックリですね。

 

CMでやってる暗黒魔界編の宣伝で思ったんですけど、

ドラゴンボール超本編にもドミグラ関係のストーリー組み込んでくれないかなぁ?

 

ヒーローズにはゼノバースに登場していないオリジナル形態が登場しているし、

未来トランクス編の正式発表前はゼノバースがベースのシナリオをやると思っていましたし、

ゴクウブラックの正体=ドミグラ説なんて話も出てきたくらいですからね。

 

ドミグラに関する思ったことをぶちまけたということで本題に入っていきます。

それは12月17・18日に開催されるジャンプフェスタ2017にて、

鳥山明が原案したドラゴンボール超の新章の発表が発表されるのです。

ドラゴンボールヒーローズイベントでネタバレした事項!

ジャンフェス 2017 鳥山明 ドラゴンボール超 新章

※まさかのスーパードラゴンボールヒーローズ宣伝動画に登場したブロリーです。

 

ジャンフェス2017でドラゴンボール超新章の発表が判明した

ドラゴンボールヒーローズ6周年イベントでは、

ドラゴンボール超の66話までの展開等が堀川りょうさんの口からうっかり出てしまいました。

堀川りょうさんがうっかりバラしちゃった事項は以下の通りです。

 

合体ザマスのCVは三木眞一郎さん一人。

悟空とベジータの合体時のアフレコが完了。

・魔封波の壺が今後未来を救う?

・ジャンフェス2017でドラゴンボール超新章が発表。

 

つまりベジットの登場は確定ですね、ヤッター!

惜しむらくは、合体ザマスの声が野沢さんが関わらないってことかぁ。

流石に野沢さんに負担は掛けられないし、元々は同じザマスだから問題無いか。

 

一番気になるのは魔封波の壺で未来の世界が救われるってどういうこと?

一体何故なんだ?魔封波失敗する筈なのに何故魔封波の壺なんだろうか?

謎が深まるばかりだが、そんなことは些細な事かもしれないのでスルーしちゃいましょう。

(トランクスが修理するだけにトランクスルーってことで)

ジャンフェス 2017 鳥山明 ドラゴンボール超 新章

(ハァッ☆)

 

ちなみに堀川さんは思わず口走ったことをスタッフに止められていました。

もしも止められていなかったらもっと情報が集まっていたかもしれませんね。

ジャンフェス2017でドラゴンボール超新章発表!

スポンサーリンク

ジャンフェス2017でドラゴンボール超の新章が発表されます。

つまり2016年中は未来トランクス編の放送が続く可能性が高いです。

もしくは破壊神シャンパ編と未来トランクス編の間にあったような

パン主役回と超人水編のようなショートストーリーを入れる形になるでしょうね。

 

ちなみに新章は鳥山明先生原案のストーリーになります。

個人的な考えなのですが、全宇宙一武道会編(仮)ではない気がします。

 

一応破壊神シャンパ編でのやり取りで全宇宙一武道会はいつか行われるでしょうが、

全宇宙一武道会はドラゴンボール超の最終章になるような気がします。

アレこそ最後に相応しいと思いますし、そうでもしないと綺麗に終われない気がします。

 

それじゃあ2017年以降に放送される新章はどうなるのか?

全く予想が出来ないのですが、今度こそゼノバース編をやってくれないかなぁ?

未来トランクスだけでなく、悟空とベジータもタイムワープしまくったので

時の界王神に目をつけられてタイムパトロールをするという展開に・・・

 

ドラゴンボールヒーローズでゼノシリーズのキャラが揃ったわけですし、

ゼノバース編に期待してもいいんじゃないかな?

鳥山明原案で思うこと!

だがしかし!鳥山明原案ということで、

逆に不安になっている人がいるのではないでしょうか?

 

傍から見れば原作者原案というブランディングがありますが、

鳥山明先生自身が自分で作って忘れてしまった設定があります。

(コミック版担当のとよたろう氏をはじめとするスタッフと事実確認はするでしょうけどね。)

 

勿論原案なので100%出すというわけではないのですが、

未来トランクス編以上の盛り上がり方をすることは出来るのでしょうか?

ゴクウブラックの正体で散々盛り上がった手前、盛り上がり方を維持することは難しいです。

脚本家の手腕が問われるぜ・・・・

 

今後2017年以降放送のドラゴンボール超新章に関する情報が入ったら、

その情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ