ドラゴンボール超70話ネタバレと感想!ヤムチャ主役と副音声!


スポンサーリンク

ドラゴンボール超770話の感想ページです。

時間経過で更新します。

また、ブロリスト的な文章が混じることがあります。

 

ドラゴンボール超未来トランクス編の次のシナリオの繋ぎとして

放送されている3週連続の日常回もいよいよラストになります。

前回はアラレちゃんが登場し、ベジータがアラレちゃんに敗北してメタ発言をするという、

ネコマジンを彷彿とさせるとようなシーンがありました。

 

そして今回の日常回のトリを飾るのが、まさかのヤムチャ主役回でございます。

ヤムチャが主役ってどう考えても無理ゲーな感じではございますが、

ヤムチャが主役になると言えば、野球しかありません!!

 

そんなドラゴンボールZアニオリシーンで扱われたマイナーなネタを引っ張ってきた

ドラゴンボール超70話の脚本家は優秀だと思います。

その采配にドラゴンボール愛を感じます。

 

もしも70話の脚本がキングリュウだったらどうするんだよって思っちゃうけど、

そうだったらそうで納得することにします。(キングリュウ担当の日常回のクオリティは高いから。

ドラゴンボール超70話はヤムチャが野球で主役だ!

ドラゴンボール超 70話 ネタバレ 感想 ヤムチャ 副音声

ドラゴンボール超70は、シャンパが再びビルスに勝負を持ちかけてきます。

その勝負の内容は野球であります。

※宇宙を越えて野球があるのかという突っ込みはお断リーです。

 

当然悟空は野球のルールを知らない模様ですね、

そこで名乗りを上げたのが野球経験のあるヤムチャというわけですね。

第7宇宙メンバーは確認した中だと、悟空、悟飯、ヤムチャ、ピッコロ、クリリン、ビルス。

第6宇宙メンバーは確認した中だと、ボタモ、キャベ、シャンパ、ベジータ(ユニフォームが青いから)のようですね。

 

ベジータはきっと数合わせで第6宇宙メンバーでの参加なんですね、

ベジータを師匠と呼んでいるキャベが喜びそうな展開でありますね。

流石にフロストは参加しないか(笑)

フロストが善人だったら参加もありえましたね。

 

ヤムチャの投球に狼のイメージが現れましたが、

これは期待してもよさそうですね、寧ろきっちりと決めてくれないとヤムチャが出張ってきた意味がありません。

でもヤムチャしやがって展開になってほしいと思うのはドラゴンボールファンの特性か何かでしょうか?

ガチでヤムチャが活躍するのかそうでないのかは、見ものですね。

史上初の副音声実況が執り行われます!

スポンサーリンク

ドラゴンボール超70の目玉はヤムチャ主役だけでなく、

ドラゴンボールシリーズ初の副音声実況が執り行われることです。

というか、次回予告で悟空が「ヤムチャとウイスさんで副音声実況」と言っていました。

 

というわけで、野沢雅子、古谷徹、森田成一の3人で面白おかしい実況も目玉です。

この副音声の件で野沢雅子さんのコメントしていましたが、

アフレコ現場の雰囲気が味わえるとのことで、非常に楽しみにしています。

 

大御所声優が集まる中で、若手の方である森田成一さんは一体どんな会話をしているのでしょうね?

(ちなみにドラゴンボール超のキャストで一番若いのは平野綾さん(デンデ)です。)

 

非常に楽しみでございますし、今後もマイナーネタを引っ張りだす時にこんな企画をやって欲しいと思っています。

(免許を取る話が人気だからベジータが免許を取りにいく話とかやっても面白そう)

ドラゴンボール超70話ネタバレ含む感想!

ドラゴンボール超70話は神展開でございました。

副音声で色々と裏話を聞けて非常に楽しかったです。

全員巨人派とか、古谷さんが巨人の星で野球のルールを覚えたこととかでした。

最後のヤムチャの例のポーズのシーンに合わせ、

古谷さんがヤムチャのフィギュアを持ってきていたのが最高でした。

 

本編は本編で、悟空のピッチングが極端だったり、

ヤムチャがカッコよかったりと、ヤムチャ主役回に相応しかったです。

(勿論例のポーズも忘れないスタッフさんありがとう。)

 

※もう少し時間が経ったら色々と書き加えます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ