ドラゴンボール超宇宙サバイバルで悟飯は超サイヤ人ブルー化?


スポンサーリンク

久々にドラゴンボール超の考察記事となる本記事です!!

本記事のテーマは、ドラゴンボール超77話から放送される宇宙サバイバル編です。

この宇宙サバイバル編の間に孫悟飯は超サイヤ人ブルーに変身することが可能なのか!?

という内容でございます。

まぁあくまでも可能性の1つとして捉えて下さい。

 

尚、私はブロリストなのでそれっぽい言語が入ってくる場合がございます。

 

ドラゴンボール超の孫悟飯の扱いについて!

ドラゴンボール超,宇宙サバイバル編,悟飯,超サイヤ人ブルー

悟飯がドラゴンボール超に入ってからの扱いですが、

ご存知の通り悪いってレベルじゃあないですね。

ブウ編で一度主役に上り詰めたのにも関わらず、

直ぐに悟空に主人公の座を戻ってしまった時以上に扱いが悪いです。

 

取り敢えず神と神編の時はまだいいでしょう。

問題なのが復活のF編での出来事ですね。

映画版同様に道着を無くしたのでジャージでフリーザ軍との戦いに参加。

(あの当時の復活のFのビジュアルには驚きましたよ)

 

「まだ超サイヤ人になれますよ、多分」とかの発言からヤバイですし、

フリーザにボコボコにされて力を振り絞って凄い顔になってましたし、

復活のFでの悟飯の扱いは散々でした。

フリーザとの戦いで己を戒めてピッコロと修行に励むようになるのですが・・・

 

破壊神シャンパ編では学会が入っているという理由で

出場候補だったのに出場出来なかった。

更にベジータから悟飯を参加させるのかを悟空に聞いたら、

悟空は「アイツはダメだ、勉強ばっかで道着無くしちまったんだから」的なことを言っていました。

才能はあるのはお互い分かっているが、実の父親に蔑ろにされていた悟飯だった。

 

未来トランクス編では、一度未来トランクスで出会っているが、

未来トランクスが未来からやってきた理由を知るのが遅くなった。

戦闘面でもこれといって関わってないが、少しだけ未来トランクスの心の支えになった。

別れの挨拶ではアルティメット時の表情になり、未来トランクスを見送った。

この辺りから悟飯の扱いが少しだけ変わり始めてきた。

 

そしてドラゴンボール超73・74話で主役回が放送された!

悟飯はぱっとしない男だと思われても、夫・父親として守るべき者の為に戦うという、

非常にカッコいいシナリオでありました。

(グレートサイヤマンだからカッコ良さ半減になってしまっているがアレだけど)

宇宙サバイバル編のメインキャラに抜擢!

スポンサーリンク

そして悟飯ファンの念願叶ってか、

悟飯は2月5日放送の77話から開始される宇宙サバイバル編のメインメンバーとして

全宇宙の強豪が参加する武闘会に参加することになります。

 

宇宙サバイバルに参加する人数は10人。

メンバーは孫悟空・孫悟飯・ベジータ・ピッコロ・クリリン・

天津飯・人造人間17号・人造人間18号・亀仙人・魔人ブウ

人選が少しおかしいのはさておき、ようやく悟飯が大舞台で戦うことになります。

 

メンバー的にナンバー3位の強さになるのではないでしょうか?

修行を定期的にしているピッコロがシサミに苦戦しており、

身体が鈍っている悟飯が超サイヤ人に変身すれば圧倒できる位ですから、

感を取り戻せば、直ぐに上位に食い込める強さになるでしょう。

悟飯が超サイヤ人ブルーに変身する可能性は?

ここからが本題になるわけでありますが、

悟飯は超サイヤ人ブルーに変身する可能性は出てくるのか?

これ未来トランクスの時もそうでしたよね。

 

未来トランクスの場合は神の戦いを体験したことと、

怒りによって疑似的な超サイヤ人ブルーになることに成功。

一時的にゴクウブラックを圧倒することに成功しました。

 

じゃあ悟飯はどうなるのか?

個人的に悟飯は超サイヤ人ブルーになる可能性は低いと思います。

未来トランクスの疑似的な超サイヤ人ブルーも含めてね。

 

未来トランクスは神の気に触れる機会(悟空・ベジータとの共闘)が多かったことと、

敵が神の気を持つ者(ゴクウブラック)だったことが起因していると思います。

 

悟飯は神の気に触れる時間が無いに等しいので、

最終的にはアルティメットに戻るのではないかと思います。

 

アルティメットに戻れば超サイヤ人になる必要が無くなりますし、

超サイヤ人よりも遥かに強くなりますからね。

それでアルティメットで勝ち星を上げれば、アルティメット悟飯初の勝利というわけだぁ!

(アルティメット悟飯は一度も敵を倒していない)

 

だから個人的には超サイヤ人ブルーになることは無いと思っていますし、

アルティメットに戻ってくれた方がファンは喜ぶかと思っております。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ