ドラゴンボール超76話ネタバレと感想!クリリンVS歴代の敵!


スポンサーリンク

本記事はドラゴンボール超76話のネタバレと感想を書いていきます。

本記事は、時間経過で更新致します。

また著者はブロリストなので、それっぽい文章が混ざってくることがあります。

 

前回は悟空とクリリン(メインはクリリン)が修行をすることに、

クリリンに対し、色々と突っ込みどころがありましたが、

まぁ色々と懐かしいと思える回でした。

でもタンバリンの登場は予想外でした。

前回:ドラゴンボール超75話のネタバレと感想!悟空とクリリンの修行!

 

それと宇宙サバイバル編に、

ブロリーのような女性サイヤ人が登場したことも、

色々とやばかったと思っているところだぁ。

 

ていうか女性の伝説の超サイヤ人ってビジュアル的に笑うわ。

きっとブロリーMADに新たな旋風を巻き起こすというわけだぁ。

クリリンVS歴代の敵!

 

ドラゴンボール超,76話,ネタバレ,感想

クリリンの前に現れたかつての強敵達。

・タンバリン

・ピッコロ(悪かった頃)

・ナッパ

・ベジータ(悪かった頃)

・ギニュー特戦隊

・フリーザ

・セル

・魔人ブウ

 

これを相手にしろって結構厳しいですよ。

幻影だから本物と違うかもしれませんが、

クリリンの心の持ちようだとか、

プレッシャーとかが押し寄せてくるだろうから、格下相手でも苦戦するかも。

 

あくまでも、クリリンの武闘家としての心を取り戻す修行がメインの目的なので、

何としても打ち破らなければなりません。

宇宙サバイバル編の準備期間だけあって結構な内容ですよね。

ドラゴンボール超76話ネタバレ含む感想!

確かにクリリンにとってトラウマのある敵ばかりの登場ですし、

ご丁寧にクリリンがやられるシーンの回想までしてくれたのですが、

クリリンがずっとヘタれていましたね。

まるでブロリー映画のベジータのようにずっとヘタれていましたよ。

(何故かタンバリンの所だけ新規作画で後はドラゴンボールZそのまんま)

 

やっぱりこれはクリリンの心の修行ってことになるのか。

つまりドラゴンボール超76話は、『自分と向き合う』というのがメインテーマなんですね。

弱い自分をどうやって奮い立たせるか、自分もそういう状況なので考えさせられました。

 

悟空が超サイヤ人3になったシーンで少し作画が悪くなったようなのは気の所為?

ていうか超サイヤ人3だと消耗が激しくないか?多分ブルーの方が燃費がいい筈だよね。

確かスーパーサイヤ人3が出るのは、未来トランクス編の序盤以来ですよね。

 

 

悟空が森の幻影達の仕組みに気がついてからの

筋斗雲呼び出しに何かこみ上げる物がありました。

というか悟空ってまだ筋斗雲乗れたのだね。

魔人ブウ編で老界王神にゲスい取引持ちかけたのにも関わらず・・・

 

あれはゲスい取引をしても結局は地球の為だからってことでノーカンなのかな?

絶対に他の視聴者達も今の悟空が筋斗雲に乗れることに驚いていますよ。

でも悟空は根っこの部分が変わってないからいいのか。

 

クリリンが流されてから立ち上がった後に出てきたフリーザの大群・・

何だろう、大量のメタルクウラ登場シーンのオマージュじゃないか!

後は幻影だからなんだろうけど、フリーザの顔芸に吹いた。

結局ナッパの大群になっちゃったけど(笑)

 

クリリンが気円斬を使ってナッパの幻影を切り裂いた時に、

幻影の仕組みに気が付き、

自分と向き合い明鏡止水の境地になったシーンが地味に好きです。

純粋に心を鍛える修行のシーンが無かった故に新鮮でした。

 

 

最後に出てきた超神龍の幻影に撃ったかめはめ波は、

ゲーム化したら『友情かめはめ波』とか名付けられるのかな?

 

亀仙人の長寿の秘密がわかりましたね。

極楽草を食べているからあんなに長生きしているのか。

地味にいい後付け設定だ。

 

最後にクリリンがかつてのように頭を丸め、

悟空との組み手は超サイヤ人無しというハンデだけに指定したということに、

クリリンの心の成長が見られたのでした。

取り敢えずは宇宙サバイバル編での準備は完了ってことですかね。

 

以上でドラゴンボール超76話のネタバレ含む感想を終わります。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ