鉄血のオルフェンズ44話のネタバレと感想!アルミリアが・・?


スポンサーリンク

本記事は鉄血のオルフェンズ44話のストーリーのネタバレと感想を書いていきます。

尚、この記事は時間経過で更新致します。

 

前回のあらすじ!!!

・マクギリス孤児だった!

・マクギリスの養父はとんでもない趣味を持っていた!

・幼いころのマクギリスは強くなるべく、あらゆる力を求める

・ガエリオは生きていた!

・ガンダムヴィダールはアインを使うことで擬似的阿頼耶識を実現した!

・ガエリオが主人公過ぎて鉄華団が隠れてしまう!

・このままではガンダムDeedDisplayの二の舞いになってしまう!?

・マクギリスは阿頼耶識手術を施していた!

・マクギリスがガンダムバエルを起動!

前回:鉄血のオルフェンズ43話のネタバレと感想!たどりついた真意

 

というわけで鉄血のオルフェンズ43話は非常に密度の濃いストーリーでありました。

このまま最終回まで一気に突っ走っていくのでしょうね。

鉄華団が蚊帳の外になってしまっていますけど、どうなっていくのでしょうか?

と言っても44話もマクギリスがメインになりそうですね。

血塗れのアルミリアとバエル

 

鉄血のオルフェンズ,44話,ネタバレ,感想

鉄血のオルフェンズ44話の次回予告を配信版で確認してくると、

アルミリアの腕に血が付いていました。

(43話以降はTV放送版で次回予告を流さない事になりました。)

 

マクギリスが安全な所にいると発している筈なのに

何故アルミリアが血塗れになっているのか?

 

アルミリアが血を流しているのはガンダムバエルに関わってくると思うのですよね。

バエルとは、バルバトス同様にソロモン72の悪魔でバアルとも呼ばれることがあります。

 

バエルは人間に知恵を与える対価として、

幼い少女の血を要求してくる悪魔です。

バエルの阿頼耶識

マクギリスはガンダムバエルに乗る為に阿頼耶識の手術を受けていましたが、

この阿頼耶識手術の前後のシーンで描かれるかもしれません。

 

アインの件で阿頼耶識の研究が完成したものの、

基本的に阿頼耶識は成長期の子供にしか適合しないので、

マクギリスはアルミリアに何かをしたのかもしれません。

もしくは誰かを刺した様にも見えます。

 

だけど多くの方が予想されているのは、

ヴィダールにアインが組み込まれている様に

バエルにアルミリアを組み込んだとか?

 

だってアルミリアが最後に出てきた時の会話を思い出したけど、

44話の次回予告を見て不穏な空気を感じたんですよ。

あの時マクギリスが「付いてきてくれるかい?」「二人だけの世界に行こう」とか、

そういう意味に捉えられてもおかしくないんですよ!

だってバエルの部品になれば何時でも一緒なんですから。

 

ヤバイわー、今更だけどマクギリスが黒すぎてヤバイわー。

43話でマクギリスが黒くなっちゃった理由が明かされたけど、

ポジティブに考えれば、マクギリスが鉄華団に強力するのは、

かつての自分と同じような立場の人間の集まりだからだったことなんですよね。

 

しかしながら、マクギリスが阿頼耶識を搭載したなんて

誰も予想しなかったことですね。

阿頼耶識=過酷な環境に生きる子供って認識でしたから・・・

鉄血のオルフェンズ44話ストーリーネタバレ

スポンサーリンク

ラスタルはマクギリスがこれまでに行ってきたことを暴露。

完全にアリアンロッドがマクギリスに宣戦布告する。

ラスタルの演説はアルミリアの耳にも届いていた・・・

 

ミカはマクギリスに阿頼耶識は大人には使えないという視聴者の疑問を投げかける。

マクギリスはグレイズアインが新阿頼耶識の実験その物であることを語った。

ミカは自分の片腕と片目を奪ったキッカケを作った

グレイズアインの事を今まで忘れていた。

 

真実を知ったアルミリアはマクギリスに向かってナイフを突き立てる。

マクギリスに絶望したアルミリアは自身に刃を突き立てるも、

マクギリスはそれを止める。

 

そこでマクギリスは「今は恨んでもいい」と言い、

最終的に幸せだったと言えるようにしたいとアルミリアに約束する。

アルミリアはマクギリスをオカシイと思いながらも、

マクギリスをどうすることも出来ず涙を流した。

 

マクギリスはバエルとアグニカの名の元に、

セブンスターズのオッサン達に自分達の所有する軍を渡すよう脅迫するが、

中立の立場であるということと、現代にはMAのような脅威がいないということで、断られてしまった。

 

謹慎が終わったイオクはラスタルに謝罪をし、

ラスタルが何故イオクが部下から慕われているのかを話す。

イオクは涙ながらにラスタルの話を聞いていた。

 

アリアンロッドに帰還したガエリオは、

アインの事を話しながらジュリエッタの考えを肯定した。

人であるからこその強さを語った。

そしてガンダムヴィダールはガンダムキマリスを偽装した機体であることが判明した。

 

アリアンロッドとの戦争が確定し、その戦争に参加することになった鉄華団。

それぞれ一丸となっているが、どうにも不安が拭えないメンバーがいる。

急いで整備している最中、用途不明のテイワズから発注した謎の武器が出てきた。

 

ザックがこの状態に対して明らかにオカシイとデインに怒鳴り散らす。

そこでおやっさんが割ってきたが、

おやっさんはザックのような人間が鉄華団に多くいればオルガは楽を出来たと語り、

ザックに考えることを止めるなと一言言って仕事に戻った。

 

マクギリスとオルガの最後の打ち合わせ。

マクギリスは鉄華団を顧みない発言をしてオルガに殴られたが、

お互いにケジメをつけることを決意。

オルガはミカに最後だと言う。

 

鉄華団もこの戦いで最後の戦いになると盛り上がっていた。

だがアトラは不安な気持ちで一杯だった。

 

アトラはクーデリアに連絡し、

クーデリアがミカを繋ぎ止めるのはアトラの役目であると伝えた。

 

アトラはミカの元にゆき、自分の気持ちを伝えた。

ミカは選んだ戦場か選ばされた戦場しか知らないが、

アトラの為に戦っていると言いアトラを抱きしめた。

 

以上が鉄血のオルフェンズ44話のストーリーネタバレであります。

鉄血のオルフェンズ44話感想

鉄血のオルフェンズが最後に向かっていよいよ決戦ムードになってきていますが、

こんな悲しい決戦ムードってあるかい!!!

 

というかマクギリスが完全にラスボスなのに

なんで鉄華団はラスボス陣営として戦うことになってしまったんだ!!

完全にマクギリスの読み違えのせいで

戦力差が2倍違うアリアンロッドと戦うことになってしまったんだよ!

 

それだけでない!

マクギリスは完全にバエルに盲信してこんな無謀な戦いになってしまった。

伝説の勇者なんてアグニカの場合事実だけど、

結局は勇者なんてのはおとぎ話の事であって、

ラスタルの大人になれない子供ってそういうことですよ!

 

アルミリアもこれからどうやってマクギリスと接すればいいのか分からないよ!

オカシイと思っていても、まだ愛している気持ちがある以上、

マクギリスは幼い少女の心を壊してしまった。

アルミリアも辛いけど、父親のガルスの方がもっと大変だと思うけどね。

 

鉄華団は鉄華団で、ビスケットの存在が大きかったことを再認識させられました。

ビスケットのような考えを持つ人間がザックしかいないことが異常なんだよなぁ・・・

おやっさんは大人として理解していたが、むしろ何も出来なくて辛そうだったわ。

 

最後って言葉が目立ったけど、これって鉄華団の最期を指しているよね!?

だって明らかにフラグ立っちゃっていますし、もう全滅エンドしか見えない。

最終回前で鉄華団が全滅して最終回でクーデリアが墓参りとか絶対に嫌だよ!

 

イオクが復帰したけど、お前もう帰ってくるな。

ラスタルが遠回しに先代クジャン家当主が優秀であったと語ったけど、

結局はそういうことだったのね。

イオクじゃなくて、イオクの父に人望があったからなのね。

 

ガエリオは相変わらず主人公していた。

それにガンダムヴィダールはキマリスを偽装していたということで、

45話からOPのあの形態になるのか!

(個人的にヴィダール形態の方が好きなんだけどなぁ。)

 

そしてラストにミカはやっぱりすげぇよ!!

アトラはミカに告白したし、ミカは泣いているアトラを抱きしめながら

「アトラの為に戦う」ってもう告白じゃないかー!!

 

それに都合よくドッグには他の人がいない。

つまりこのまんま・・・・(以下自主規制)

 

もう嫌な匂いしかしませんが、鉄華団は絶対に生き残ってくれ・・・・

以上が鉄血のオルフェンズ44話の感想です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ