ブラジル産の鶏肉が安い理由と身体への影響(危険)について!


スポンサーリンク

ブラジル産の鶏肉と牛肉が輸入が停止したという事件が話題ですが、

普段ブラジル産の鶏肉をよく購入されていた方にとっては凄くマズイ事件ですが、

以前からブラジル産の鶏肉については懸念材料が幾つかあったのは事実です。

 

ブラジル産の鶏肉の安全性に関する別記事は以下のリンクを踏んで下さい。

ブラジル産鶏肉の安全性と国産との違いについて!日本の対応は?

コチラの記事では、ブラジル産鶏肉に関する個人的な見解や、

以前から思っていた懸念材料について語っております。

 

本記事では、ブラジル産鶏肉が安い理由と身体への影響について語ってゆきます。

別記事ではブラジル産の鶏肉が安い理由について

ちゃんと説明していなかったので、本記事にてちゃんと説明します。

 

日本の流通や家計にとって非常に厳しい事件ですが、

ブラジル産鶏肉が輸入停止されたことを期に、

普段の買い物で安全な物を買えているのか意識すべきだと思います。

ブラジル産の鶏肉が安い理由!

ブラジル産,鶏肉,安い,理由,身体への影響,危険

何故ブラジル産の鶏肉は極端に安いのでしょうか?

具体的には2kgで500円代という安さで買えちゃっりすることもあります。

 

安い理由は色々あります。

どれくらい理由があるのかといいますと、以下のような理由があるからです。

・ブラジルは土地が安い

・更にブラジルは土地が広いので飼料となる穀物が安く生産できる

・人件費も日本に比べると安く済む

・大量生産の為に鶏を普通では考えられない添加物により短期間で成長させる

・過密空間で大量に鶏を育てている(健康度外視)

・冷凍することで船による長時間の輸送が可能

・期間指定を行わずにやっているので輸送コストも安い

 

ちなみにもも肉が日本に出回っているのは、

アメリカに胸肉を多く輸出しており、

その余りを日本に輸出しているからだそうです。(諸説あり)

(嗜好の問題もあるそうです)

 

広大な土地で人件費が安いと言うだけでも安い理由としては

十分かと思いますが、鶏肉へのストレスが半端じゃ無さそうですよね。

仮に添加物が無くてもストレスだらけのお肉を食べたら健康を害しそうです。

 

とりあえず安い物があれば、何故安いのかを考えるといいです。

何かしら裏があるパターンが殆どなので。

ブラジル産の鶏肉の身体への影響(危険)!

スポンサーリンク

ブラジル産の鶏肉による身体への影響ですが、

ブラジル産鶏肉独特の臭み(汚染部位だと判明)を取る為に

発がん性物質を使われていたので、発がんの恐れがあります。

非常に危険ですよね。

 

それに加工の段階で不衛生であったことが判明しちゃったので、

それ以外の危険も付きまとってきます。

 

勿論鶏肉が持っているサルモネラ菌の影響も出てくるでしょう。

サルモネラ菌はしっかりと加熱すれば問題ありませんが、

そもそも腐っている場合があったので、身体への悪影響がでる可能性があります。

よくぞまぁ今までブラジル産の鶏肉で食中毒が発生しなかったですね。

(大々的に報道されなかっただけかもしれないけど)

 

とりあえず発がん性があることは確実なので、

他の食品を買う時にも発がん性物質が入っているかどうか確認するといいですね。

食品安全を考えるべき

確かに美味しく調理できるのであれば、

ブラジル産の鶏肉であろうと国産の鶏肉であろうと関係ありませんが、

少しでも食品に安全性を考えるべきだと思います。

 

普段自分がどんな物を口にしているか考えたことありますか?

鶏肉から少し離れますが、食品添加物という点では同じような物です。

 

出来合いの物を食べる、出汁(顆粒やキューブ等)も出来合いだったりしませんか?

それこそ食品添加物の塊ですよ。

特にブラジル産の鶏肉を使われたお弁当や冷凍食品なんか危険でしたよ。

 

まぁブラジル産鶏肉が輸入停止になった以上は

少しだけ食品の品質が良くなりますが、

家計や流通がしばらく混乱しますよね。

 

せっかくの機会なので、買い物の際には輸入国だけでなく

食品添加物も意識するといいですね。

勿論調理の際には出汁を一から取ってみたり・・・

(話題はずれるものの、結局身体に関わってくることなので)

 

耳が痛い話でしたが、私はブラジル産鶏肉の件についてはプラスに考えています。

ある意味料理の幅を広げるキッカケになったりして?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ