ドラゴンボール超98話ネタバレと感想!第9宇宙との一大決戦!


スポンサーリンク

本記事はドラゴンボール超98話のネタバレと感想を書いていく記事でございます。

尚、筆者はブロリストなのでそれっぽい文章がでてきたりーすることがあったりします。

(実はこのブロリスト関連のテンプレ文章入れる必要無いんじゃないかと気がつく)

 

遂に力の大会本戦が始まり、想像以上の大乱戦となりました。

一方でバジルが謎の大活躍をしたり、

ベジータが同じ相手をひたすら殴り続けていたり(敵は巨大っぽい)

 

第7宇宙チームのチームワークでの戦いを見て、

亀仙人はチームの精神的な柱として機能していたり、

ブゥを不参加にして良かったなと思ったり。(囲まれても搦め手使えば即終了になり兼ねない)

 

一番印象に残ったのが制限時間48分中まだ1分しか経過していなかった所ですね。

何にせよ、今後の展開が気になっていくシナリオ構成になっていてオラワクワクすっぞ。

 

前回:ドラゴンボール超97話ネタバレと感想!悟空が道連れに!?

 

ドラゴンボール超98話は、第9宇宙との決戦回の模様です。

第9宇宙の戦士5人に囲まれた悟空はどうやって打開するのか?

第9宇宙との一大決戦!?

ドラゴンボール超,98話,ネタバレ,感想

※普通の超サイヤ人形態だと、どの時期の悟空なのかよく分からないかも。

 

97話のラストに悟空はベルガモ、バジル、ラベンダと、

他2人の計5人の第9宇宙のメンバーに取り囲まれてしまいました。

 

第9宇宙は、全覧試合で負けていますし、

第4宇宙と共に力の大会前から悟空達第7宇宙を潰そうとしていたので、

ある種のリベンジ戦でもありますね。

 

次回予告から察するに、悟空はベジータと共に第9宇宙の連中を相手にするようです。

97話で悟空は温存の為に変身していなかったわけですが、

ここで少し本気を出すべく、超サイヤ人に変身して戦うわけですね。

 

どちらにせよ、ブルーを使うのはトッポやジレンとの戦いになってからでしょう。

悟空の実力なら超サイヤ人でも問題ないですし。

と言っても一度攻略した相手とはいえ、

ベルガモの能力が厄介になるのは間違いないでしょうね。

 

何せ今は乱戦ですからね。

流れ弾が飛んできてベルガモがパワーアップするとかもあり得るでしょう。

あの時はブルー界王拳で倒すことが出来ましたが、今回はそうもいきません。

(ブルー界王拳を使わなくても倒せそうだったが)

悟空が何かを纏っていた?

スポンサーリンク

98話の次回予告にて、悟空は通常状態でありましたが、

何かのオーラを纏った状態で戦っておりました。

宇宙サバイバル編が開始した時に書いた記事で触れた話題かもしれません。

ようやく力の大会本戦が始まって伏線が回収されはじめましたね。

 

関連記事ドラゴンボール超:宇宙サバイバル編の悟空新形態について!

 

確かドラゴンボール超の公式で公開された

新ビジュアルの方にも、それっぽい印象を受けました。

 

Vジャンプ版とどこまで連動させるか分かりませんが、

Vジャンプ版ドラゴンボール超では、

悟空は超サイヤ人ブルーのオーラを身体の中に押し込めることにより、

超サイヤ人ブルーのパワーを100%発揮するという技をやってのけました。

(描写的にはブルー界王拳の方に近いかもしれないけど)

 

ということは、アニメ版の方でもそれに近い行為を行うかもしれません。

そもそも元をたどれば、神と神編の超サイヤ人ゴッドのパワーを吸収した状態

という捉え方もできます。

 

悟空の纏ったオーラや新形態については今後の楽しみの要素としてとっておきましょう。

ドラゴンボール超98話ネタバレと感想!

最初から最後までずっと飛ばしっぱなしで、

息をつく暇も無い位に熱かった回でした。

 

最初は気を読み取れない第9宇宙の戦士達に悟空が大苦戦し、

ベジータが助けにやってくるシーンは何か昔を思い出すかのような感じでした。

その後にやっぱり苦戦し、昔のドラゴンボール映画における

「早く超サイヤ人に変身しろよ」というあの演出ありましたね。

というか、思わせるような演出にしたんですね。

 

それと先週から気になっていた悟空の白いオーラですが、

あれはラベンダの毒に対抗する為のバリアだったんですね。

悟空の一度見た技はすぐに対策できるってヤツですね。

 

しかしここまで悟空達が苦戦するのも久しぶりじゃないですか?

それでもノーマル状態で頑張り、最後に超サイヤ人で逆転するって演出はやっぱり好きだなぁ。

 

実際に悟空たちは体力温存の為にノーマル状態で戦っていましたが、

結局最後はブルーに変身してファイナルかめはめ波(外付け)使ってるじゃないか!

まぁ第9宇宙との一大決戦でしたし、カッコよかったからOK!!

 

これにて第9宇宙の内8人は悟空とベジータが撃破し、

ウサギの人は18号、コウモリの人はフリーザが撃破しました。

(コウモリの人はフリーザに出会ったことが不幸だった・・・)

 

しかし一番恐ろしいのはここで、

負けた宇宙は即消滅というのをまざまざを見せつけられ、

全王様の恐ろしさを感じました。

 

最後に第9宇宙の天使が笑っていたけど、

それは一体何の笑いなの!?

というか、破壊神が消えたのに天使が機能停止してないのは何故!?

 

何か謎が残っちゃったけど、力の大会はまだまだ続きます。

次回はクリリンと18号の夫婦が主役。

技のデパートであるクリリンの活躍が楽しみです。

何かフロストが出てきたような気がするけど・・・

 

以上でドラゴンボール超98話のネタバレ含む感想を終わります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ