コムアイの足とWEGOのニップレス画像!鹿の解体ライブが凄い


 

スポンサーリンク

アルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』の『桃太郎』という曲で有名な

水曜日のカンパネラのボーカルのコムアイは非常に個性的なアーティストです。

 

(桃太郎の歌詞とPVの中毒性は半端じゃないです)

特にレトロゲームネタをぶっ込んでくるのが素晴らしい!

魂の16連射って語感がいいですよね。

 

 

 

どれくらい個性的かと言うと、ライブ中に鹿の解体を行いますからね。

斬新を通り越して「え!?」ってなりますよ。

 

今回は個性的過ぎるアーティスト水曜日のカンパネラの

コムアイについて書いていきます。

鹿の解体もそうですが、足とニップレスにも着目していきます。

 

コムアイは足が太い?

 

コムアイ 足 ニップレス 画像 鹿

 

コムアイと検索すると、『足』のキーワードが出てきます。

何のことやらと思っていましたが、足が太いって言われているのですよね。

女性に対して失礼ですね、とりあえず画像を見てみますか。

コムアイのナマ足画像

 

うーん、何と言うか・・・

モデルさんじゃないので、それらの方々と比べるのはお門違いだと思います。

それに足が太いと言うのは失礼なのでここで留めておきましょう。

 

コムアイのWEGOのニップレス画像!

 

何か衝撃的なキーワードが出てきましたね、

どういうことかと言いますと、

コムアイはWEGOが発行するフリーペーパーにニップレスの姿で写っています。

何故ニップレスなのかと言うと、

中高生に多大なインパクトを与えようとしたからであります。

ということは水曜日のカンパネラは、

中高生に広く知れ渡っている可能性が高いってことになりますね。

 

コムアイのニップレス画像

これは相当インパクトありますよ、

ちょっとやり過ぎレベルかと思いますが、

当時このフリーペーパーを求める人が沢山いたそうですよ。

 

コムアイのニップレス作戦は大成功だったようですね。

(ただしフリーペーパーを求めた年齢層は不明)

 

水曜日のカンパネラのライブ中の鹿の解体画像!

 

スポンサーリンク

 

コムアイの趣味の一つ(自身では強みと言っている)は鹿の解体です。

何故鹿の解体を始めたのかと言うと、

山梨県の北杜という場所ではイノシシや鹿が出没します。

そういった地域なので、猟友会の方がそれらの動物を

害獣として始末していくのですが、そのまま捨てられてしまいます。

 

食用とされている地域があるのにコレは勿体無い!

これを知ったコムアイは山梨県の北杜へ鹿の解体をマスターすべく、

定期的に通っています。(食材にするためにね)

 

しかも師匠が若い男性の方だってのが驚きです。

(イメージとして60歳過ぎた方が出てくると思う)

 

鹿の解体って北海道のイメージがありましたけど、

鹿が出没する地域があればやる人はいるんですねー、

北海道はクマも解体しちゃうみたいだからもっと凄いと思いますけど・・・

 

コレがライブ中に行った鹿の解体画像だ!

 

凄いですよねー、この後はどうしたんだろう?

焼いてお客さんにでも振る舞ったのかな?

 

この時の水曜日のカンパネラのライブに行った人にしか分からないけど、

もしもこの記事を読んだ方で、

水曜日のカンパネラの鹿の解体ショーを見たという方がいらっしゃいましたら、

その後にどうなったのかを是非教えて下さい。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ