小林綾子の肌に注目?元旦那の職業はゼネコンで名前が竹中?


 

スポンサーリンク

 

2016年から遡ること33年前、

連続テレビ小説『おしん』に出演し日本だけでなく、

国外からも伝説の女優となっている小林綾子

 

現在はあまり見かけないが、

世間の皆さんは何故か肌が気になっています。

それと密かに離婚した旦那の事が気になる所です。

今回はそれについて書いていきます。

 

小林綾子の肌が注目されている?

 

小林綾子 肌 旦那 竹中 ゼネコン 

 

小林綾子は1972年生まれの44歳。

1983年放送のおしんにて主役のおしんの幼少期を演じました。

おしんは世界80カ国で放映されたので、

小林綾子は海外でも伝説になっているのです。

 

しかしおしん出演以降色々な作品に出演するものの、

主役に恵まれず脇役ばかり演じておりました。

 

俗にいう名脇役なので大事な存在です。

(海外の人が知ったら驚くだろうけど)

 

小林綾子はテレビに出演する度に肌が注目され、

「劣化した」等と言われてしまいます。

よくある話でございますが、

小林綾子の場合は滅多にバラエティに出演しないので、その傾向が強いようです。

よくある話であるように、

小林綾子だけでなく舞台やドラマを中心に活動し、

バラエティに登場しない芸能人には容姿の変化に戸惑ってしまう物です。

 

年齢を重ねた方は外見が変化してしまうのは当然です。

だからといって劣化の一言で切り捨てるのはあんまりです。

 

元旦那の職業はゼネコンで名前が竹中?

 

スポンサーリンク

 

小林綾子は1999年に結婚しました。

旦那は大手建設会社にお勤めのデザイナーということでゼネコンですね。

名前について調べてみましたが情報が無く、

竹中という名前が出てきましたけど関連性が全くありませんでした。

 

ちなみに2010年に旦那とは離婚をしているのですが、

この出来事は当時公にされておらず、小林綾子自身が隠していたと言われています。

小林綾子の離婚が発覚した時には、

「おしんは耐えたが、小林綾子が耐えられなかったってどれだけヤバイんだよ」

といったコメントをされた方がいたそうです。

 

2013年頃に芦田昌太郎との交際が噂されておりますが、

進展は不明、しかし確実に歩を進めているそうなので

そのうち結婚するかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ